UP

笑顔の連鎖で地域を明るく!

平成18年に、障がいをもつ子どもの保護者たちが、
同じ地域の中で悩んでいる保護者と子どもが気軽に訪れることができ、
いろんなことを語り合える場所が欲しいと坂井市に陳情し
坂井町の旧大関公民館を「坂井市障害者交流センター」として
障がい児の日中一時支援事業をはじめました。

開設当初より、「明るく、楽しく、元気よく」をモットーに、
障がい児本人をはじめ、保護者、職員、地域の皆さまと
「笑顔の連鎖で、地域を明るくしていきたい」との願いをこめて、
法人名を「スマイルネットワークさかい」として、
平成19年4月にNPO法人化し、
坂井市、あわら市内の障がいをもつお子様方の、
放課後や長期休暇時の学童クラブを行ってまいりました。

「障がい児もやがては障がい者になる。」という現実を直視し
職員、保護者がともに勉強会を重ねながら、
卒業後も安心して就労できる事業所開設を目指し
平成23年4月に、「就労継続支援B型事業所 スマイル農園」を開所しました。

なにもない土地に一粒の種をまき、慈しみ、育む
「無から有を」の気持ちをベースにし、
私たちは、農産物だけでなく、
社会に貢献できる人づくりに取り組んでまいります。

そして、重度の障がいをお持ちの方でも、地域の中で生きがいを持ちながら
「創作活動」「生産活動」「作業療法」に取組むことができる
生活介護事業所を平成27年4月に開所しました。

特に、ニーズの高い
送迎サービスと特殊浴槽での入浴サービスを実施することで、
保護者の介護負担軽減に努めてまいります。
また、多機能型事業所として「相談支援事業所」を併設し、
きめ細やかな計画相談をベースに
個々のニーズに対応できる事業所となるよう努めてまいります。